ダイヤセビ

ダイヤセビでは、さまざまなダイエットの情報をお届けし、痩せてキレイになりたい女性のお手伝いをいたします。

体験談 生活習慣 食事

【体験談】生理周期ダイエットで12キロ痩せた!食事とホルモンバランスの関係

2017/07/13

Goumbik / Pixabay

生理周期がダイエットに大きく影響するのをご存知ですか?

女性ホルモンを味方につけ生理周期に食事をうまくリンクさせたダイエットで12キロものダイエットに成功したかたの体験談です。

 

スポンサードリンク

何をやっても痩せられなかった

729714 / Pixabay

これまで数々のダイエットに挑戦したきた私ですが、どれも途中で挫折、今まで減量に成功したことはありませんでした。

何せ食べることが大好きな上に運動嫌い、自分に甘くてせっかちな性格ですからダイエットに成功する要素はほぼゼロです。

こんな私が人生最高体重を更新したのは今から数年ほど前のことでした。
身長152センチにして体重53キロ、初の大台超えです。

会社の健康診断ではメタボと判定され、おまけに膝痛で病院に行けば加齢と体重増加が原因と言われる始末。

暢気な私もさすがに危機感を感じダイエットに取り組み始めました。

しかし過去に一度も成功した事のないダイエット、まるで痩せられる気がしません。

食事制限はストレスが溜まるし、運動は嫌いだしと危機感はあるもののイマイチやる気が起きません。

 

とりあえず毎日計ってみることに

TeroVesalainen / Pixabay

何か楽して痩せられるダイエットないかな?と現実逃避していた時、ネットで「計るだけダイエット」という夢のようなダイエット方法を見つけました。

関連記事 ⇒体重を【計るだけダイエット】!体重計に乗る習慣をつけて痩せる!

もちろん本当に体重を計るだけで痩せられるわけではありません。
体重を計ることによって自己管理能力を養っていくという方法のようです。

これは以前からあるダイエット法のようですが、その評価については実に賛否両論で、まるで痩せない、効果なしと言う意見も少なくありません。

しかも計るだけで痩せるわけではないので、何か他のダイエットを併用して行う、つまりメインダイエットの補助的な役割のような感じです。

これと言ったダイエットが見つからず決めかねていた状態でしたので、まずは毎日体重計に乗ってそれを記録することならできると、取りあえずはこの計るだけダイエットに取り組み始めました。

 

カレンダーに書き込んでみる

Engin_Akyurt / Pixabay

計るだけダイエットは毎日決まった時間に体重を計り、それをグラフに表してよく見える場所に貼り出しておく、というものです。

しかし究極に怠惰な性格の私は、ただカレンダーに数字で書き込んで冷蔵庫に貼っただけでした。
もちろんそれで痩せるはずありません。

食べ過ぎた翌日は当然のように体重も増えていますし、それを書き込むたびに多少は落ち込んだ気持ちにもなります。

ついつい言い訳がましく、職場の飲み会だったから、友達と外食だったから、と体重増加の理由も書き込みました。

 

生理周期との関わりに気づく!

すると2ヶ月後、痩せやすい時期とそうでない時期が全く同じ事に気が付いたのです

体重が落ちやすい時期は生理の後、反対に落ちにくい時期は生理前。

確かに以前、ホルモンの関係で生理周期によって体重の増減が違うと聞いたことがあります。でもこうして数字で表示してみると、それが見事にリンクしていたので驚きました。

と言うことは、体重が落ちにくい時期にいくらダイエットを頑張っても痩せはしない、でも落ちやすい時期には痩せやすい、と言うことになります。

調べてみると女性には「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つのホルモンがあり、月経を境に約28日周期で増減を繰り返しているそうです。

エストロゲンが多く分泌される時期は生理後からの約1週間ほど、水分や老廃物が多く排出されるので、痩せやすい期間とされています。

一方のプロゲステロンが多く分泌される時期は生理の1週間前頃、気分がふさいでイライラしたり、体が水分を溜め込みやすくなるため痩せにくい期間だそうです。

つまりこれらの生理周期を上手く利用すれば、ダイエット成功も夢ではないはずと、初のダイエット成功に向けて俄然モチベーションが上がったのでした。

 

スポンサードリンク

生理周期と食事制限

私は食べることが好きな上にせっかちな性格です。
ですから極端な食事制限は想像以上に大きなストレスになりますし、結果がすぐに出ないとイライラしてしまいます。

過去にダイエットに失敗したのも主にこの2つが原因でした。
ですから無理な食事制限はしない、結果を早急に求めないをモットーに、1年という長期間でダイエットに臨むことにしました。

 

食事の改善

Pexels / Pixabay

目標は1ヶ月1キロ、とかなりゆるい目標ですが達成できれば1年後には12キロ痩せているはず、です。
まずは食事の改善から。

とにかく間食大好き、お菓子大好き、晩ご飯後も夜の10時くらいまで平気でお菓子を食べていました。

ですから朝食は抜き、昼は社食でダブル炭水化物、そして夜遅くの食事&お菓子、こんな生活を続けて太らないわけがありません。

仕事の都合で帰宅時間はまちまちですが、8時くらいまで食事できるときには主食をお粥にして、野菜中心の具沢山のスープかお味噌汁、そしておかずを1品だけ。

以前に比べるとかなり少ないですが汁物で栄養を摂る様に心掛けました。

晩ご飯を減らしたので朝食はしっかり食べようにしました。

ヨーグルトに果物、食物繊維豊富な全粒粉入りのパン、そして昼食はお弁当に切り替えて食べる量を調節したのです。

これらの食生活を生理周期に組み込ませました。

 

自己管理ができるようになった

Free-Photos / Pixabay

体重増加の言い訳をカレンダーに書き込んでいくうちに、自分が何を食べたら体重が増えやすいのか、その反対もわかるようになっていました。

私の場合は調味料の多い料理を食べるとむくんだり増加の傾向が強く、特にケチャップはすぐに翌日の体重に表れます。

体重が増えやすい時期にはなるだけ自分が太りやすいものは避けて、お風呂など湯船に入って汗を出しむくみ防止します。

体重が変わらないもしくは1キロ増でよし、とするとストレスも溜まりませんでした。

そして体重が落ちやすい時期の1週間から10日間の晩ご飯を具沢山の汁物のみで過ごしたのです。

すると驚くほど簡単に1ヶ月1キロ痩せることができました。

 

1年で12キロのダイエット成功!!

aaandrea / Pixabay

そして1年後、見事目標の12キロ減のダイエットに成功し、体重41キロにまで痩せることができました。

数年経った現在、ほとんど食事の制限はしていませんが、リバウンドすることなく体重をキープできています。

ある程度の食事制限はありましたが、はやりダイエット成功の鍵は生理周期を上手く利用できた事だと思っています。

 

まとめ

Pexels / Pixabay

まず体重を計り記録していくことで、自身の生理周期と体重の増減に気付いたようです。

それを1年間という長いスパンで考えて、生理周期に食生活をうまく組み込ませて無理なく12キロのダイエットに成功しています。

女性ならではのホルモンバランスをうまく利用したダイエット方法ですね💛

スポンサードリンク

-体験談, 生活習慣, 食事