ダイヤセビ

ダイヤセビでは、さまざまなダイエットの情報をお届けし、痩せてキレイになりたい女性のお手伝いをいたします。

食事

ダイエットしたい!でもそんなに食べないのにナゼ太る?

 

スポンサードリンク

Free-Photos / Pixabay

 

以前より食べてないのにだんだん体重が増えてきた!

年を重ねるにつれお腹も出てきてどうしたらいいの~!!!なんていう人も多いですよね。

代謝もおちて今までどうりの食事をしていたら、体重を維持することすらできず太っていくばかり。。。

でも食べても太らない人ってたしかにいます。

息子の同級生のあるお母さんも☆… どうしてあなたはずっとスリムなんですかぁ~!!!!!

 

なぜ食べても太らない人がいるんだろう?

体質と言われればそうかも知れませんが…   はい、そうかも…そんな人も確かにいます。

でも、やはり食べ方や何を食べているかにも秘密がありそうですね。

私たちが日々口にしているものいは、自分の好きな御馳走である食べ物と、毎日繰り返して習慣として食べている食べ物があるといいます。

あまり食べていないのに太るんです!という人は、太りやすい食べ物が好きで、普段からそういった好きなものばかり食べようとしている傾向にあります。

だから気にしてあまり食事を楽しむ事も満足することもできないのではないでしょうか。

反対に、しっかり食べているのに太らない人は、普段の食事を太りにくいものを食べる習慣をつけています。

そして好物は心おきなく楽しむ!そんな食生活だから心にもゆとりがあり、体にもあらわれているのでしょう。

 

太らない人の食事って?なに食べてんの?

Pexels / Pixabay

 

炭水化物は太るから食べない、とか、野菜を山盛り食べてお腹をいっぱいにするなんていうダイエットもありますが、やってみた人は知っていますよね。。。

続かね~(涙)!!!!!

食べても太らない人は、つらいことを毎日続けているのか?いいえ… そんな人はつらそうに見えないしっ。。。

そんなことをやっていたら、よほど忍耐強い人でなければお菓子やケーキなどのおやつに手が出てしまうもの。

脂っこいものも食べたくなってカロリーオーバー。心も身体も重たくなってしまします。

スポンサードリンク

食べても太っていない人は、知ってか知らずか心がけて食べているのか…人それぞれでしょうが、普段の食事のバランスがとれているといえます。

炭水化物とたんぱく質をしっかりバランス良くとっているんですね。

理想は基本、一食にご飯を一膳、そして具沢山スープが良いでしょう。

ご飯には、玄米やもち麦、雑穀などをまぜるとざまざまな栄養素がとれます。スープ(汁物)には肉、または魚、大豆製品、野菜など具沢山にして食べるとよいです。

わたしたち人間の体は、たくさんの栄養素を取ることによって、健康に良いことはもちろん、脂肪を燃やしたり筋肉をつけたりできるのです。

どちらかというと、白米は血糖値の急上昇によって脂肪がつきやすくなるので、白米だけよりも上記のものを混ぜることがおススメですし、汁物に肉や魚や豆腐などを入れれば、おなかも満足し、たんぱく質もしっかり取れるバランスよい食事となりますよ。

 

ご飯+具沢山の汁物を一日2食

tookapic / Pixabay

 

炭水化物は体に必要なものなので、摂取しなければ欲しくなります。

でも食べすぎれば皮下脂肪としてしっかり体に溜まります!ここは自分に必要な分だけを食べるという習慣を身につけたいですよね。

基本、ごはんは一善を守りましょう。丁度良い量を習慣にしていけば体に溜め込むことはありませんもん!!

あとはスープ(汁物)。

たんぱく質と野菜のほか、キノコ類や海藻をたっぷり入れるのも美味しくいただけます。

一日に2食は基本を守り、あとは好きなものを爆食いしない程度に楽しむとしましょう!

普段、基本とする食事でしっかり量を守り栄養のバランスがとれていれば、一食で好きなものを食べても太らないんですね。

 

まとめ

Pexels / Pixabay

毎日習慣にする普段の食事の回数、そしてバランスが取れていることが大事です。いまいちど自分がいつも食べている食事の内容を見直してみませんか?

新しい習慣を身に付ければ、心おきなく好きな食事を楽しんでスリムな体を維持していけるようになりますよ💛

スポンサードリンク

-食事